ヴァイオリン練習Q&A

ヴァイオリン練習Q&A

Q. 入門者です。
最初に購入すると良い楽器のブランドをお教え頂ければ幸いです。

A. 質問にお答えします。
初心者用の大量生産型の楽器に関してですが、どれがいいというものはないですが、好みで言えば、ジェイハイダという楽器が半分以上が手作業で良くなる楽器で私の好みに合っています。

Q. パンドラの箱の中で、篠崎先生も生徒さんをお預けになるという、インストラクターという専門家の話が出ていますが、どうすればそのような方々にアプローチできるでしょうか。ネットで検索しても、普通のヴァイオリン教師と思しき方がヒットするだけで、どの方がそういうことを専門にしているのか分かりません。
あるいは、ヴァイオリン教師の中で、インストラクターとしても活動している方がいるということでしょうか。そもそも、インストラクターになるためのトレーニングは、ヴァイオリン奏者になるためのトレーニングとは違うものでしょうか。
いろいろ質問してすみませんが、インストラクターについての理解を深めたいので、教えていただければありがたいです。よろしくお願いいたします。

A. 音階のエキスパートはそれぞれの先生も音階に関しての知識を持っていられると思うので、それぞれの先生に音階を重点的にお願いするのが良いと思います。
普通楽器を習う方は辛くて苦しい音階をやることによって挫折する方が多いので、先生によっては楽しく楽器を習得する方法に変換しています。
本人が望めば、その方法を伝授してもらえるはずです

Q. 右手の運弓は関節や筋肉を軟らかくし、力を抜いて弾かなければならないと思いますが、
どのような練習方法を推薦されますか?

A. まずは、音階で右手の運弓をまっすぐ動かし弓の毛が同じ角度で当たっているかを確認する必要があります。
力が入るのは重力を十分に生かせてない状態で、まずは、弓の真ん中三分の一で 同じ圧力を与えられるような重力コントロールが必要ですが、肘が下がらないように注意すべきです。

Q. 左手の速いパッセージがなかなか弾けるようになりません。
どのような練習方法をすればよいのでしょうか?

A. 左手は速いパッセージになると強く抑えるために力が入りがちですが、指の落ちる速度と上がる速度をスピードアップすることが必要になります。
そのためには正しい位置に指の上下運動を意識しシフティングの無駄を省く必要があります。
方法は、スローテンポから徐々に上げていく。
これが一番の早道です。

Q. ヴァイオリンの正しい持ち方を教えてください。

Q. 篠崎先生が海外経験を通して感じた、ヨーロッパと日本でのヴァイオリンの教え方の違いは何ですか?

Q. 子供がヴァイオリンを習い始めました。
まだ楽器にあまり慣れていないのですが、早く曲を弾きたいという想いが強いのでもう弾かせてあげたいと思うのですが、やはり楽器に慣れてから曲を弾くべきなのでしょうか。それとも、曲を弾きながら慣れていくという流れでも問題ないのでしょうか。

Q. 練習を重ねて曲自体はうまく弾けるようになるのですが、どうしても音が揺れてしまいます。どうしたらいいのでしょうか。

Q. 楽器を鳴らすために一番重要なことは何ですか?

Q. ヴァイオリンを絶対的に上手く弾くコツはなどありますか?

Q. 子供が音階練習をあまり好きではないのですが、何か楽しみながらできる練習方法はありますか?

Q. 楽譜を読み解く上で、作曲家それぞれの特徴を効率よく上手くつかむためにはどうしたらいいのでしょうか?

---

その他、篠崎史紀によるQ&Aは教材購入者限定のメールマガジンでも配信しています。